外反母趾は靴に原因があるかも【正しい靴の選び方と治療法について】

ベッド

フラットな状態が良いです

高反発マットレスはその他のマットレスに比べて十分な硬さを感じられるのが人気です。その反発力により、寝ている最中の姿勢で一部分が必要以上に沈み込んだりせずに、体圧が分散されて姿勢をキープすることができます。ベッドや布団で使用するときにはなるべくフラットな状態で置くのがベストな使い方です。

ヒーター

働き促進に繋がります

温活の方法は、自分で手軽に行える食べ物や運動を利用しての実践もできます。専門家による指導を受けての温活の方法もあります。妊娠をして赤ちゃんを出産する事を目指す女性が、温活を実施するケース、からだの健康維持のために行う場面も増えています。

婦人

女性の健康に必要な事とは

女性ホルモンは、加齢だけでなく、乱れた生活環境などにより、若い女性でも減少します。増やす方法で評判が高いのが、サプリです。手軽に必要な量を摂取できるからでしょう。女性ホルモンが減少すると、心身ともに不調がでます。しかし、女性ホルモンは、治療やサプリで増やす事ができるので覚えておきましょう。

中年の方に多い病気です

足

一番の原因は靴にある

外反母趾になる一番の原因は、足の先が細くなっている靴を履くことです。以前は欧米の病気でしたが、日本人の靴が先の細いデザインになってからは日本人にも広がりました。ヒールの高い靴は、先が細いデザインとかかとが上がることからつま先に必要以上に負荷がかかってしまうため、外反母趾になりやすいです。また、若い女性の病気というイメージが強いですが、最も多いのは中年の女性の方です。10代など比較的若い頃の外反母趾は、生まれつき扁平足など、足の形が外反母趾になりやすい方が多いですが、中年の方は、靴の形とともに筋力低下や体重増加が原因になります。この年代の方は、若い方の病気だと考えず、日頃の予防を心がける必要があります。

医療機関の処置は

外反母趾は、見た目にも明らかに分かるため、自分でも意識を持ちやすいことが挙げられます。主な診断方法は、靴を履いている時だけ痛む場合と、靴を脱いでも常に痛む場合に分けられ、靴を履いている時だけであれば手術でなく進行を抑える治療が多いです。受診する医療機関によって異なるものの、親指を人差し指の方向に曲げないための治療と、元の位置に戻すための治療が中心です。また、最も大切なことは靴選びなので、症状の進行を抑えられる靴に変える必要があります。靴選びなどは、医療機関へ相談することで間違いのない選択が可能です。決して自己流の対策をすることなく、しっかりと治療を行いましょう。足は生活に欠かすことのできないものですので、生活に支障が出る前の対策が必須です。